賭け麻雀 雀荘

賭け麻雀で雀荘が摘発されないのは何故?社会的な立場などから、絶対に逮捕されたり、賭け麻雀をしているなんて言われたくないアナタに。賭け麻雀を合法的に楽しみながら、プロ雀士の年収はもちろんのこと、強い相手と真剣勝負ができます。
MENU

賭け麻雀で雀荘が摘発されないのは何故?

賭け麻雀で雀荘が摘発されないのは何故?

 

賭け麻雀は法律で禁止されている遊び方です。なので、警察にバレるとたとえそれが自宅であろうと、普通に営業している雀荘であっても摘発される可能性は十分にあります。

 

ただ雀荘で大々的に賭け麻雀を行っていても、必ずしも摘発されるとは限らない

 

というのが現状です。

 

賭け麻雀の定義は、金品を賭けてゲームを行い、勝者が敗者の掛け金を回収する事にあります。また、雀荘規模で賭け麻雀が行われる場合は、経営や仲介者の懐に手数料が入る事も特徴です。

 

雀荘の利用者にとっては、賭け麻雀が出来る場所を提供して貰ったり、摘発から身を守る切っ掛けになります。

 

巧妙に賭け麻雀が隠されている雀荘であれば、直ぐに問題に繋がる事はないので、意外にも危機感がなくなるまで長くプレイ出来る可能性はあります。

 

しかし賭け麻雀の行為や雀荘が摘発されない理由には、単純に発覚していない事だけではなく、知られていてもあえて放置されているケースも存在します。

 

 

雀荘での賭け麻雀はバレづらい

麻雀でもお金を賭ければ賭博行為だということは、誰でも認識しているでしょう。なのでどこか心のなかに罪悪感みたいなものがありますから、賭け麻雀をすることを大っぴらに宣伝したりすることはありません。

 

せいぜい仲間うちで『昨日は勝った、負けたー』とこっそり話をするくらいです。なので雀荘が表に出ていなかったり、地下等で賭け麻雀が行われている場合は、情報が外に漏れ難く摘発に繋がる可能性は低くなります。

 

この様なケースでも警察の摘発に繋がる可能性としては、雀荘に対する参加者が増えたり、出入りが多くなる事で情報が外に漏れる場合に高まります。

 

ゲームの参加者が増えれば、それだけ多数の人物が入り交じる事になるので、警察の捜査官が内部に入り込んだり、外部に内通する者が警察と通じ合う事があっても不思議ではありません。

 

雀荘が賭け事だけではなく、それ以上の違法な用途に使われている場合は、警察も一斉摘発に備えて状況を待つ事があります。

 

その様な場合は、嵐の前の静けさに過ぎないので、時間が経てばやがて警察の一斉捜査が始まる確率は高くなります。

 

 

賭け麻雀で雀荘が摘発されない理由

摘発されない他の理由としては、

 

参加者が小規模で発覚する切っ掛けがない
掛け金が少額で見逃されている

 

といった事があります。要は警察が摘発する明確な理由がないということです。

 

警察は国民の税金で成立していますから、賭け麻雀をしていた4人を検挙するよりももっと他の大きな事件や案件を国民のために操作しなければなりません。

 

なので賭け麻雀で警察が危惧するのは、掛け金が肥大化して大きな問題が発生したり、犯罪組織の活動で積極的に利用される事に懸念があるケースです。

 

大きな問題に発展する可能性が低ければ、忙しい警察が直ぐに捜査を行うとは限らないので、直ぐに問題化されたり捜査に発展しない理由の一つになります。

 

 

このページの先頭へ