賭け麻雀 現行犯逮捕

賭け麻雀で現行犯逮捕されたらいつ釈放される? 社会的な立場などから、絶対に逮捕されたり、賭け麻雀をしているなんて言われたくないアナタに。賭け麻雀を合法的に楽しみながら、プロ雀士の年収はもちろんのこと、強い相手と真剣勝負ができます。
MENU

賭け麻雀で現行犯逮捕されたらいつ釈放される?

フリー雀荘などで賭け麻雀をやっていて、警察に現行犯逮捕されるというケースはマジでちょいちょいあります。

 

最近の摘発としては、インターネットのブログなどでこれくらいのレートで賭け麻雀やってます!と宣言してるようなところを狙って摘発する傾向にあり、もしいつも利用しているフリー雀荘がネットなどで大々的にレートを謳っているようなことをしていたら、注意が必要です。

 

なおフリー雀荘側としてはそういう突然のガサ入れを想定していることもあり、仮に現行犯逮捕されていてもこういう時にはこう言えとトレーニングが行われていることもあるようです。

 

ですが客側はそんなことに慣れていませんから、突然の現行犯逮捕には動揺し混乱してしまうのも無理はありません。

 

 

賭け麻雀で現行犯逮捕されたらどうなる?

残念ながらフリー雀荘で警察の摘発を受けたら、警察に連行され取り調べを受けることになります。釈放されるとすれば一通りのことを聞かれたらすぐ、もしくは一晩留置所で夜を明かした後に釈放というケースが多いようです。

 

純粋に賭け麻雀を楽しんでいる客に対して警察は、

 

やじるし普段からどれくらいの頻度で賭け麻雀をしていたか?
やじるしレートはどれくらいのところでやっていたか?
やじるし他にどこでやっていたか(常習性の確認)?

 

ぐらいしか聞くことがありません。それは警察の現行犯逮捕の意図によります。

 

客から賭け麻雀を行っているフリー雀荘を全て聞き出し、根絶やしにするという意味合いがあるのなら残念ながら最大限拘留されることになりますが、たいていの場合、その店単独でというパターンが多いのでそうなると聞くことがあまりありません。

 

ですので、摘発の手続きとして色々聞いたうえですぐに釈放される運びとなります。

 

 

フリー雀荘の従業員や経営者はヤバイ

もう一つ雀荘側の人間がいつ釈放されるかですが、これはある程度の拘留を覚悟しないといけないでしょう。

 

賭け麻雀の罪自体、客よりも経営側の方が重くなっていて懲役もありえるので、警察の取り調べも慎重になります。

 

例えば、店側の人間でも全く知らない末端の店員と、フリー雀荘のオーナーでは責任の重さなどがまるで違います。

 

末端の店員がオーナーに黙って勝手にレートを上げるということはまずできません。このような場合いつ釈放されるかどうかは、責任の重さや事件のカギを握る人物であるかによって左右されるといえるでしょう。

 

このページの先頭へ